ONO Kengo's Web Site

デビッド・マシューズ ディナーショー with 札幌ジャズアンビシャス

Posted in Schedule by ONO Kengo on  

[ 2014/07/21 ]
@ コーチャンフォー新川通り店内 コーチャンフォーレストラン「インターリュード」
札幌市北区新川3条18丁目(新川通り沿い)
開場/18:30~ ディナースタート/19:00~ ライブスタート/20:00~ / お一人様 5,000円 / お子様(小学生以下) 2,500円

MJQのデビットマシューズさんとビックバンド以外でも、
カルテットでご一緒することになりました!

マシューズさんの楽曲のアレンジ、プレイ、非常に素晴らしく
とても楽しいです!!!
是非是非見に来て下さいです!

─────────────────────
【出演】
デビッド・マシューズ(pf)
小野健悟(t.sax)/舘山健二(ds)/北垣 響(b)

■サッポロシティジャズ告知ページ
http://sapporocityjazz.jp/coachandfour_live/

■David Matthews (デビッド・マシューズ)
David Matthews (デビッド・マシューズ)
1942年アメリカ・ケンタッキー州出身。58~60年ルイ・ビル・ミュージック・アカデミーでフレンチホルンと作曲を専攻。シンシナティ音楽院、イーストマン音楽院を経て、70~75年ジェームス・ブラウン・バンドでのアレンジが音楽活動の第一歩となった。
75年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、76年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。
日本においては78年から数々の作品によって日本での知名度を高め、84年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、89年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。
大の親日家で来日は80回を超える。日本語の会話はもちろん、ひらがな、カタカナ、漢字の読み書きもお手のもの。”熱燗”と”あじのたたき”が大好物で、新宿の”思い出横丁”の常連。
趣味はセイリングで、キャプテンハットは彼のトレードマークでもある。

オフィシャルHP
http://www.davidmatthewsjazz.com
─────────────────────

live_140721

You can leave a response, or trackback from your own site. RSS 2.0

Leave a reply