LogicNote

ONO Kengo's Web Site

デビッド・マシューズ&札幌ジャズアンビシャス Special guest TOKU

 , by ONO Kengo, on Schedule
[ 2017/07/12 ]
@ サッポロミュージックテント
札幌市中央区大通西2丁目
開場/18:00 開演/19:30 / 1階A席:6,000円 1階B席:5,000円 1階立見席:3,500円 2階A席:7,000円 2階B席:6,000円

今年も札幌ジャズアンビシャスでシティージャズに出演します!

今回はTOKUさんと共演です!

 

 

チケット料金1階A席:6,000円
1階B席:5,000円
1階立見席:3,500円
2階A席:7,000円
2階B席:6,000円開場/開演SAPPORO MUSIC TENT LIVE
開場/18:00 開演/19:30Member札幌ジャズアンビシャス

 

David Matthews (デビッド・マシューズ、作曲・編曲・指揮・ピアノ)

1942年、アメリカ・ケンタッキー州生まれ。
1975年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、1976年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。また同76年、George Bensonのアルバム”Good King Bad”にて作曲した曲のうち、”Theme from Good King Bad”が、グラミー賞の”Best Rhythm & Blues Instrumental Performance”を受賞。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。
日本においては、1984年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、1989年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。
2014年から「札幌ジャズアンビシャス」の音楽監督を務める。

札幌ジャズアンビシャス

サッポロ・シティ・ジャズ「ビッグバンドプロジェクト」により2012年に結成。札幌を拠点に活動するプロミュージシャンによるフル編成ビッグバンド。
音楽監督にデビッド・マシューズを迎えてからは、サッポロミュージックテントライブで2014年に八代亜紀、2016年に相田翔子と共演。
また、他のアート分野との融合による新たな作品創造として、2015年に映像表現を組み合わせて構成した「The Jazz Cube」、2016年に楽曲創作に絵画と彫刻を取り入れステージを創造した「FOREST of NEW ARTS」、2017年にはダンサー97名と共演するなど、様々なステージを展開している。

TOKU

日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー
父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。
2000年1月アルバム“Everythig She Said”でソニー・ミュージックよりデビュー。
デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、積極的に海外での公演も行っている。 また、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、m-flo,平井堅、Skoop On Somebody,今井美樹、大黒摩季、などのアルバムに作家、プレイヤーとして参加。2008年に発売したアルバム「Love Again」は初のDuet SongをExileのATSUSHI氏を迎えて収録。また、2011年3月の東日本大震災の直後に行われた、シンディー・ローパーの国内ツアーにも参加し、話題となる。そして2011年4月27日、本人がずっと温めていた企画「TOKU sings & plays STEVIE WONDER〜A JAZZ TRIBUTE FROM ATLANTA」を発売。2015年5月、フランクシナトラの生誕100周年を記念して全曲シナトラのカバーアルバムを発売、そのレベルの高さに各所で大絶賛を浴びる。
待望の最新アルバムは2017年5月に発売予定。

 

 

 

“デビッド・マシューズ&札幌ジャズアンビシャス Special guest TOKU” への3件のフィードバック

  1. KIKKO より:

    この日を楽しみにしてました!
    真っ正面から観賞させていただきます!!!

  2. KIKKO より:

    お疲れ様でした!
    後半、めちゃくちゃ盛り上がりましたね!!!
    ハプニングもショータイムになる公演、、、(笑)
    小野さんの渋い伸びのある音色も素敵でした♪ソロの度にドキドキしました!
    最近、Liveになかなか行けず申し訳ないのですが、時間作ってまた伺いますね。
    素敵な夜を過ごしお過ごしください!

    • ONO Kengo より:

      KIKKOさん~!
      先日はアンビシャスのライブに見に来て下さって大変ありがとうございました!
      ハプニングもあり笑、色々盛沢山でしたが、とになくめちゃめちゃ楽しかったです!
      帰りにKIKKOさんにご挨拶しそびれてしまいまして、大変すみませんでした~
      いつも応援して下さって、非常に嬉しく思っております!
      またライブ見に来て下さると嬉しいです!
      何卒、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です