Archive for the ‘Blog’ Category

 サッポロ☆シティジャズ史番組出演

サッポロシティージャズさまのネット番組
「サッポロシティ☆ジャズ史」という番組に
出演させて頂くことになりました。

番組の設定上、誠に僭越ながら先生というキャラクター
になっておりまして、、
いろいろ思い思われな感じではありますが笑、
良い宣伝、楽しい内容となるよう努めて参りたいと思います。
地下歩行空間で公開収録なのでお近く通りましたら
是非、見てみて下さいです。

■公式サイト
http://sapporocityjazz.jp/sapporo-city-jazz-shi/

第一回は2017年1月25日(水)18:00放送開始
第一回テーマは「ジャズってなぁに?」
コーナー紹介
◎教えて!小野先生
◎クイズ!
◎シティジャズ情報局
◎エンディング他

会場
札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北2条広場

出演
小野健悟(サクソフォン奏者/作曲/アレンジ)
中澤絢乃(ミス北大コンテスト2016グランプリ)
白鳥雄介(俳優、演出、脚本)

※放送中はサッポロ・シティ・ジャズHPのトップ画面からも視聴できます。
番組にはSNS(Twitter、facebook)での参加もできる双方向プログラムです。

 kengo.ThreadOrchestraで使用した新システム(1)

先日のkengo.ThreadOrchestraライブで使用した、
新しく開発したシステムについて発表したいと思います!
 
 
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
■スレッドコンダクターシステム”TACTS” とは 】
 
各演奏者に配置されたスマホ等の端末をLAN(WiFi)経由で
相互接続し、マスターPCから操り、メトロノーム、指示内容、
メッセージ、音情報などを送ることで、各演奏者に独立した
指示を送ることができ、一人に対して指揮者が存在するような
状態を作り出すシステム。
 
更にお客様、照明スタッフ、ホール内スタッフなど、
あらゆる人が繋がることができ、通常では困難な
ダイナミックな連携プレイが可能となる。

※並列に指揮棒が存在するという意味で、
スレッドコンダクターまたはパラレルコンダクターシステム、
“TACTS” という名前にしてみました。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

というシステムなんです~。
基本は、

・演奏メンバー、お客様に自分のスマホで、会場内に設置した
無線LANに接続してもらう。
・演奏メンバーには、楽譜の隣にスマホを置き、見ながら演奏する。
・僕がマスターPCを操作し、各メンバーに指示をする。
・各スマホには、指示内容、メッセージ、メトロノーム情報、音情報が
送信され、演奏者はその指示に従って演奏する。

という感じで、それに加え、

・VJプロジェクター用のPC、お客様のスマホ、会場のスタッフのスマホ
にも接続して、映像を流したり、メッセージ指示を送ったりできる。

ということも可能となるシステムです。
具体的にどんなことができるかと言いますと、

●曲中にリアルタイムで指示を送れる
各演奏者に「次、Aにいくね」「次、ギターソロいきます」
「次のコード、CM7 ね」 みたいな指示を送れる。
通常の目くばせ合図では不可能な曲をダイナミックに
変化させることができる。
簡易的な異なる楽譜をそれぞれ個々のメンバーに送って、
演奏してもらうというのも可能。

●異なるテンポ、拍子の指示を送れる
各演奏者に例えば、Aメロは通常通り演奏して、Bメロから急に、
キーボード → 110 BPM、4/4拍子
ギター → 115 BPM、7/4拍子
ベース → 100 BPM、3/4拍子
ドラム → 80 BPM、6/4拍子
という異なるテンポ、拍子で演奏して、またCメロで
元に戻る、というような指示を送ることができる。

●VJプロジェクター、お客様用のスマホに個々にメッセージを送れる
例えば、
VJプロジェクター1 → 映像、メッセージ1を表示
VJプロジェクター2 → 映像、メッセージ2を表示
お客様1 → 映像、メッセージ3を表示
お客様2 → 映像、メッセージ4を表示
という表示を行い、それを曲中にリアルタイムで自由に送信できる。

●会場スタッフにスマホ経由で指示を送れる
Bメロになったとき合図で花火打ち上げて下さい、とかできる。

●録音した音も送れる。
例えば、会場内でお客様から拍手してもらい、それをその場で録音して、
好きなタイミングで音を、各お客様のスマホ端末、VJプロジェクターから
音を再生させたりできる。

●リアルタイムでアンケートとったりもできる。
お客様のスマホに、
「次ソロ誰にとって欲しいですか?Aボタン=xx、Bボタン=xx」
のメッセージとボタンを表示させ、ボタン押下でマスターPCに
返信、集計され各演奏者に伝える、など斬新なコールアンドレスポンスが
できる。

みたいな感じです。先日のライブで披露する場面が作れず、
披露できなかった機能もあるのですが、次回のライブで披露できればと
思っております。
 
このシステムの技術的な部分については、
 
●ブラウザ経由で簡単に接続が行える。
→ 専用のアプリとか入れなくてもOK

●使用機材はノートPC、無線アクセスポイント、各スマホ
→ ノートPCはマスター操作用、無線アクセスポイントは会場にあれば不要。

●開発言語はjavascript、PHP。
→ メイン処理はjavascript、サーバーはPHP。
当初、Node.jsとか色々いじっていたが、結局、不具合が
見つかっても現場でも簡単に修正できたり、いじりやすいということで
この形態に。。

●Web Socketにより各端末と通信を行う。

●メトロノームや音関連の処理はWeb Audio Apiを使用。
→ 最初、同期部分の実装に苦労したが結構正確でびっくり

といった所です。
要は、曲中における演奏者(及びその他の人)との新たな
コミュニケーションツールといえるものかもしれませんが、
使い方とその可能性は無限にあるかと思います。

今回は、ジャズのありがちな編成をデジタル的に扱う、という意味で、
この楽器編成でしたが、そのうち、歌モノや、ビックバンド、
クラシックなどでもできたら面白いかなと思っております。

このシステム新たな音楽ツールともいえると思うので、
使ってもらわないと全く意味が無いので、ゆくゆくは
ソースを綺麗にして(笑)公開し、色んな人に使ってもらいたいと
思っております。是非、興味あれば声をかけて頂けたら嬉しいです!

diary_161220_01

diary_161220_02

diary_161220_03

diary_161220_04

あと、マスターPC側の操作画面は、完全にCUIベースで、ターミナル風入力画面で
コマンドをバタバタ打って操作するようになっております。
後ほど動画も公開しようと思います!
その他、システムには関係無いですが、キーボード自体にもマイクを付けて、
キーボードの手打ち音自体もパーカッション音として音を出しています。
(キーボードはFILCOの赤軸です!コツコツとした音が大好きなのです笑)

121220_cap01

121220_cap02

 ジャムジカ12周年企画 3daysライブ、無事終了!

ジャムジカ12周年企画として開催された、
12/20、kengo.ThreadOrchestra
12/21、kengo.ThreadFlow
12/21、3days Final!
ライブ、無事終了致しました!!!!!

ライブ見にきて頂いたお客様、メンバーの皆さま、
このような機会を頂いたジャムジカの次郎さん、
大変ありがとうございました!!!!!

そもそも3daysライブ自体初めてなので
最初はどうなることかと思いましたが、
どのライブも内容が濃く、超盛り上がりました!!!
悪天候の中、見に来て頂いたお客様に本当に感謝です。
3daysライブのそれぞれが、独立したコンセプトでライブを行ったのですが、
どのライブも、それぞれ定期的に単体でやったとしても面白く
内容も濃いライブでして、これも参加して頂いたメンバーの皆さま
のお陰だと思っております。是非、機会があれば、また是非やりたいです!

集合写真がラスト日の一枚しかなく、、、
それを貼り付けます~(^-^;
 

diary_161222_01)

 12/20kengo.ThreadOrchestraのリハ~

そんなわけで昨日は12/20のkengo.ThreadOrchestra用のリハでした~
 
 
前々から温めていた秘密兵器の初披露だったのですが、
いやはや、我ながら、いい感じのモノが出来たなと!
 
 
サイバー感丸出しですよ笑
 
 
とりあえず、ライブ当日直後くらいは世界初、前人未到の画期的なシステム
によるライブ演奏、と言ってもバチ当たらんのでは無いかと、、、
 
 
とにかく、かなり尖ったことをやっていることは間違えないと思われです。
かなり面白い演奏です!

音楽好きはもちろん、未来感あるのが好きな人、
あと、システム開発に携わってる人など(^-^;;
 
是非是非見にきて下さい!!

live_161220

diary_161208_01

diary_161208_04

diary_161208_06_x800

diary_161208_07

 12/20のライブ!

久しぶりにリーダーライブやります~の続きですが、
昔からやりたいことは沢山あって(かつ、やらなくてはいけない残タスクも
大量にありまして、、m(_ _)m )、、12/20ライブは、ようやく昔から温めていてやってみたかった、
プログラミングと演奏の融合をやってみようと思います。

プログラミングといっても、DTM打ち込みのことではなくて、ガチのシステム開発の方の
プログラミングでして、このところずーーっと身を潜め、秘密兵器開発のごとく、
コツコツと今回のライブ用に、今回演奏用のシステムの開発を進めてきた次第でありました。

元々、工学部→理学部→某大手電機メーカーの開発部という現場に身を置いていた経緯もありまして、
いつか、そのノウハウと音楽をぶつけてみたい、という気持ちがあり今回のチャレンジと
なりまして、恐らく、その後はそうではなくなるだろうけど、
この日直後だけは、このスタイルでの音楽演奏は、かなり前人未到ではないかと(笑)
否が応でも僕のカラー全開のライブになるかと思われです。

具体的には何かイメージ出来ないと思いますが、ノートPC使ってガシガシ
キーボード打ち込んだり、Saxも吹いたり、色々演奏してみたいな雰囲気で感じて
頂ければ幸いです(;^-^;;;
是非見にきて下さいです!

live_161220

[2016/12/20]
ジャムジカ12周年企画「 kengo.ThreadOrchestra 」
@ Live&Dining JAMUSICA
札幌市中央区北4条28丁目1-16 ラ・ワイズビルB1
Open 19:30 / Start 20:00 / 予約¥2,000 / 当日¥2,500(要1drink)
小野健悟(sax,laptop pc) 本山禎朗(key)
花田進太郎(gt) 大久保太郎(bs) 川合草平(dr)

 久しぶりにリーダーライブやります~!

大変ご無沙汰しておりますm(_ _)m
久しぶりにリーダーライブやります~!!

いつもお世話になっているジャムジカの12周年企画3daysライブとして、
ライブをやらせて頂く機会を頂きまして、
今回、超久しぶりに僕のリーダーバンドをやらせて頂きます。
 
1日目の12/20は、ずーーっと昔から温めていてやってみたかった、
プログラミング(ガチのシステム開発の方の)と演奏の融合で、
今回ようやく実現に至りました。僕のカラー全開のライブです!
 
[Member]
小野健悟(sax,laptop pc) 本山禎朗(key)
花田進太郎(gt) 大久保太郎(bs) 川合草平(dr)
 
 
2日目の12/21は、久しぶりに僕のプロジェクトバンド、kenngo.ThreadFlow をやります!
本山くんと木村ゆうちゃんのお二人によるツイン鍵盤と、Saxに蛇池雅人くんが
入ってもらえるなど、かなり面白いと思っております!
 
[Member]
小野健悟(sax) 蛇池雅人(sax) 本山禎朗(key)
木村ゆう(key) 森田貴裕(bs) 川合草平(dr)
 
 
3日目、12/22は、今年の頭から続いているジャムジカ12周年企画3daysライブの最後として、
年末ということもあり、大勢の人でわっと盛り上がるライブをやります!
もちろん、ジャムジカのマスター次郎さんも参加してくださいます(笑)
 
[Member]
小野健悟(sax) 村川佳宏(sax) 板橋夏美(tb)
碓井佑治(gt) 古舘賢治(gt) 藤田圭一郎(bs) 細川直来(dr)
(ゲスト)JIRO(vo,key)
 
ということで、是非是非、いらして下さいです!

live_161220-22

 ライジングサンロックフェスティバル出演します!

既に発表されておりますが、
めでたくライジングサンロックフェスティバルに出演させて
頂けることになりました~! \(^-^)/

○伊藤広規 with SPYCE
http://rsr.wess.co.jp/2015/artists/lineup/profile/091is.html
○プレス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl…
http://sapporo.keizai.biz/headline/2333/

絵的には、巷に流れているニュースプレスタイトルの、

「ライジングサンロックフェス」第6弾出演者 
アジカン、ACOら

の 『 ら 』 ←コレ

の中に入ることが出来た感じでして、 通常アーティスト枠での出演ということで、
大変大変光栄かつありがたく思っておりますです。

\(^-^)/ 「らーー!」

語るまでもなく、伊藤広規さんをはじめ、
いろいろ瞬く間に大活躍とともに戦果をあげる外園くんや工藤くん、
越智くん、東くんという優秀すぎる素敵メンバーの
お力あってのことなのですが、、

アルバムリリース、ツアーと順調にコマを進めた後、
このようなイベントに参加できて、本当に感謝極まりなく思う次第です!

出演は、8/15[SAT]、13:20~、RED STAR CAFE とのことなので、
宜しければ是非見て頂ければ幸いです。

あと、この日以外にもSPYCEの

「ライジングのライブに出るよ記念ライブ」のライブ

を予定しておりますので是非、そちらも見に来て頂ければ幸いです。

もし色々余力があれば、

「「ライジングのライブに出るよ記念ライブ」のライブに出るよ記念ライブ」

を予定できればと思い、余力があれば、

「「「ライジングのライブに出るよ記念ライブ」のライブに出るよ記念ライブ」に出るよ記念ライブ」
・・・・
・・・
・・

全て読むにはこのリンクをクリック


的な。

info_150716_01

 2015年、明けましておめでとうございます!

2015新年、明けましておめでとうございます!

昨年も様々な方に支えられ、応援して頂き、お世話になって、
活動させて頂きました!
こうしてしっかりと活動させて頂けることもお世話になっている
方々、皆様のお陰だと思っております。
今年も着々と頑張って参りたいと思っております。
何卒、宜しくお願い致します。m(_ _)m

ブログがなかなかなかなかなか更新できず、、、
最低限のスケジュール更新のみのサイトと化しておりますが、
バタバタの合間に、情報も更新してゆきたいと思っておりますので、
是非、たまに覗いて頂けましたら幸いです。m(_ _)m

年を一文字で表現するのは難しいのですが、

なんとなく、今年はえいやっとこんな感じで頑張りたいと思います!

diary_150103

 パシフィック・リムようやく見てきた~!

パシフィック・リムようやく見てきた~!
あわわわわわわ

今まで色々見たかった映画、タイミング合わず観れなかったんだけども、
今回はいけたーー!むはは。

ここ最近ではベストかも。。
上映はもちろん、IMAX 3D、吹き替え版。
脳汁でまくり。超ーーー面白かったですたい。ギャーース!

うる覚えだけども、俺的素敵箇所。
以下、俺の妄想~。
ネタバレ有りなんで見てない人は見ないで頂ければと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
音楽、素敵すぎ!怪獣映画というか円谷とか特撮もの特有の
重厚な感じ。重たいブラスとかストリングスの感じ。
心得てますなー、愛情感じますなー的な感じで涙腺破壊。
 
 
 
菊地凛子演じるマコ、髪型素敵!ってか、コレは攻殻機動隊の草薙素子じゃないかと
思われ。だって、話の中で出てくる、「Drift」と呼ばれる
パイロットとコンピューターが脳レベルでアクセス・リンクして
どうのこうのって話は、攻殻でいうところの「Dive」だと思われ。
 
 
 
声優、豪華! 玄田哲章、古谷徹、林原めぐみ、三ツ矢雄二、
池田秀一、千葉繁、浪川大輔、なぞなぞ~。
銀河英雄伝説が銀河声優伝説と言われたほどではないかもしれんけど、
どう考えてもファンウケするよなっと。。
 
 
 
巨大ロボ、イェーガー、カコイイヨ!これ、コクピット・コア部分、
タイムボカンの「ガイコッツ」みたいな感じ!
そしてこの巨大このロボ、原子力で動く!!いいです!
他の機械がほぼシズマドライブというエネルギーで動作していたが、
ジャイアントロボだけは原子力で動いていたので正常動作したって、
ジャイアントロボのエピソードの設定ぽくって非常に良い感じですぞえ。
しかも必殺技の一つに「ロケットパンチ」が出てくるぞ!
あとおっぱいミサイル的なのもでてくるお。かこいいぞ。
 
 
 
話の中ででてくる町の風景のディティールも細かい!
香港の町、これはブレードランナー的サイバーパンクなアレと思われ。
 
 
 
ペントコスト司令官、途中で長年患っている病気のため、血を吐く!
そこに駆け寄るパイロット二人!
俺はすかさず、このシチュエーションが、宇宙放射線病に侵され、
血を吐きながら激励を飛ばす、トップをねらえ!のオオタコーチに駆け寄る
タカヤ、アマノのパイロット二人だったらどうしよう、とドキドキする。
そういえば、主人公ローリーも始めにパイロットの相方を無くし、その後、
相方のポジションの座を巡って、先輩とちょっとしたいざこざになって、
見事、マコがポジションGet!みたいな感じだ。
 
 
 
なんかハリウッドSF特有のストップモーションでごり押しとか、
ミリタリー的な威力美でどうだー!みたいなのじゃなくて、
ウルトラマンに出てくる、1兆度の火の玉吐いたりして絶望的に
恐ろしいゼットンみたいな、なんかこう、怖い怪獣のイメージが如実に
伝わってくる感じがもう本当に素敵!!これですよね!
 
 
 
あとこれは一番感じたことで感動した部分が、作品全体が日本テイストだったこと。
うわー、なんか日本っぽい!って感じが超良かったですねー。
 
 
そんなワケでもういっかい見にいこうかと(笑)

 「広尾ジュニア・ジャズ・ワークショップ」やってマス!

そんなわけで、今年に入ってから、芸森のエライ人の指令により、
広尾町でのジュニア・ジャズスクール設立に向けたワークショップを
実施しておりまして、講師やらせてもらってます!!
 
→ 広尾ジュニア・ジャズ・ワークショップ
 
 
要は、札幌でエレナさんをはじめ、素晴らしい活躍をされている数々の
ミュージシャンを輩出し、大きな存在感を見せている札幌・ジュニア・
ジャズスクールの広尾町版を作ろう!プロジェクト、というわけでして、
どうゆうわけか私めが、専任で任せて頂く感じになりまして、
 
 
曲の選定やら譜面作成やら各個人へのフォローやら様々な準備やら、
(焼肉やら)とにかく、バタバタしている次第です。
 
 
何せ、立ち上がったばかりなので、手作り感満載なんですが、
ちびっこ達と音楽を共有するのは楽しい限りですね。
 
 
まぁ普段のレッスンもそうなんですが、子供達と接するときに
一番気をつけているのは、「今へのリスペクト」というか、
 
子供達の感じていることを大事にしたいというか。
 
 
札幌から講師としてノコノコやってきて、アレやれだのコレやれだの、
ビシバシって感じのことは俺のスタイルには合わないのでやらないのです。
(というか、本家の芸森でのスクールの先生からそのように指示されているw)
 
 
多分そうやってもある程度は上手くなるだろうけど、
ありがちなピアノ教室か部活みたいな雰囲気になって、
ソコソコ上手くなって終わりだろうなと思われでして。
 
 
子供達から見てどんな風に音楽が見えているかを、こっちが理解して、
延ばしてあげたいなーと思う次第です。
 
 
 
 
 
そんなワケで、先日、受講生の女の子と話していて、
 
 
俺「最近、どんな音楽聴いてるの?」
 
 
生徒「・・・、スキャンダルです。」
 
 
 
って言うもんだから、次のワークショップの時までに、
 
 
何故か、ライブ用の音源とか譜面とかチェックしているような
シチュエーションで、ハードスケジュールの中、
しこたま、予習していきましたとですよ。
 
 
ガールズバンドの何たるかを語るべく!
 
 
何か言われようものなら、
 
 
 
俺的には、チャットモンチーとか、赤い公園あたり超良くね?
 
 
 
的、やや薄っぺらいフィーリングと思いつつも、かつ勇猛果敢な
切り返しをイメージして、望んだ次のワークショップ。
 
 
 

 その生徒 → お休み
 
 
  
というまさかの展開に、
その日の終了後の焼肉では、

うががががーーーっと、危うく食べちゃいけないもの食べるところでしたよ、、、
 
 
うん、まぁ、これも仕事だし、楽しいからいいんだけどね、、、
 
 
ワークショップは週末泊り込みで行くのと、そこそこ準備があって、
大変だけども、スタッフや関係者の皆様との交流もあって、
色々良い経験をさせてもらっております。
 
 
7月は夏休みでワークショップはお休みなんだけども、
その分、8月に倍増~、例の曲作りやら何やら6,7月に抱えていた
予定や作業の残りのツケが大変なことになっておりまして、
かなりハードなスケジュールにタイトなことになってますです。
 
8月にせっかくご紹介頂いたお仕事、イベント、ライブ等、お断りして
しまった方、タイミングが合わず大変申し訳ありませんでした~m(_ _)m

info_130515

 関西ライブ~!

日々ライブやら何やら書くこといっぱいありすぎて、すっかり更新がおっつかいないのですが、

とりまえず、関西ライブ、大変ありがとうございました!!

無事、kengo.ThreadFlow大阪ジャックライオンライブ、
伊藤広規さんセッションライブ、kengo.ThreadFlow神戸チ
キンジョージライブ、
3本の関西ライブが終了しました!!

どのライブも超盛り上がって、たくさんののお客様が見て下さり、
素晴らしいミュージシャン、関係者、お客様にお世話になり、出会い、
とても充実した素敵な関西ライブとなりました。
今回このような貴重で素敵なライブにお招き下さり、またゲストとしても
ご一緒させて頂いた伊藤広規さん、チキンジョージ児島さん、
JACK LION真柴さん、関係者のみなさま、バンドメンバー、出演者のみなさま、お客様、
この場をお借りして本当に感謝致します。

また是非、関西へライブしに行きたいと思っております。
大変ありがとうございました!!!!!

live_130517_01

live_130518_01

live_130519_02

live_130519_03

 週刊バイクTV!!

以前、「週刊バイクTV」というテレビ番組で、
オープニングテーマ曲に僕の曲「イカ王」が採用されました、
ということでご紹介させて頂きましたが、
 
 
  
これまでにオンエアされた番組が、「週刊バイクTV」の
ウェブサイト上で公開されたようです!
大変ありがたいことに、オープニングとエンディングにも使用して
下さっておりました。

さっそうと走るバイクの背景に流れる「イカ王」のテーマ、
是非、見てみて下さい~。
 
 
 
○週刊バイクTVウェブサイト
http://www.chiba-tv.com/bike-tv/

○週刊バイクTV 番組ムービー配信ページ
http://www.chiba-tv.com/bike-tv/movie.html
 
 
 
 
そんなワケで、早速、週刊バイクTV、一気見してみたのですが、、
 
 
いや、コレが面白い!
 
 
こうゆう番組の見方って、多分、違うのかもしれないんだけども、
異業種の業界っていうか、異なる世界の雰囲気に飛び込んでみたりしてる
感じがしてホント面白かったですね。
 
 
(いつもよくいろんなコラボとかやる度に思うんだけども、
異なる世界と触れることはホントに楽しい!)
 
 
 
僕の個人的で素人的イメージからすると、バイクってくくりで
もし番組を想像したとすると、なんかこう、マニアックなバイクを
説明したり、とかなのかなぁと思うんだけども、
 
 
この番組見ていると、MCで美人アシスタントさんが出てきて、
ツーリング先のグルメスポットや絶景な場所の情報を解説したり、
バイクショップの紹介があったりと、いろいろありまして、
 
 
要は、”バイクとそれに関わるものの距離感”がステキな感じだなー
 
 
と思いますねん。
 
 
 
例えば、楽器をテーマにした番組を極端に考えてみたとすると、
コレが非常に難しい!!
 
 
■頭っから終わりまで、楽器をマニアックに解説する番組だったとする。

それって別に地上波テレビでやる必要なくね?
楽器メーカーがそれこそ動画サイトの公式チャンネルとかで
やればいいじゃん。ってかやってるよね、特にDTM、機材系は。
 
 
■その楽器を使用しているプレイヤーor音楽にスポットを当てて紹介する内容にしては?

それ、楽器がテーマじゃなくて音楽番組だよね?
(バイク番組だったら、レース自体またはツーリング自体にスポット当てちゃった番組になるよね)
 
 
 
■もうアニメとかドラマにしてカワイイ女の子が登場して、さりげなく楽器をアピールとか?

のだめ、けいおん!、坂道のアポロン的な方向で良くね?
 
 
 
とかとかとか、
すなわちポップ⇔マニアックな方向性、エンタメ性、プラットフォームとなる
地上波テレビということなど、いろんなバランスも、視聴者のターゲッティングも
すげー難しいんじゃないかなと思われると勝手に思ってまして、
 
 
番組のフィーリングも、なんか峠を攻めて、マシンとしてのバイクを追求するっていうより、
バイクに乗っていろんな所を旅したり、そこでの物や人、その他との出会いだったりを
楽しむ、みたいな身近なフィーリングがあったのですが、これも、時代背景というか
今という要素をいかに組み込むか、みたいな意図なのかなと思ったりして、
 
 
制作サイドの意図や苦労を考えながら、そんなことをぼやーんと思いつつ
この番組を見ていた次第でごんす!!
 
バイクのことは全然素人なんだけども、非常に面白かったでっす。
ぜし見てみて下さいっす!!