LogicNote
ONO Kengo's Web Site

スケルツォライブ無事終了!

11月 18th 2011 in Blog

札幌と東京の二箇所で行った、スケルツォの公演が無事終了しました!!

どちらの公演もたくさんのお客様が見に来て下さって、
お蔭様で、大盛況の内容となりました!!
見に来て下さった皆様、メンバー、関係者の方、本当にありがとうございました。
m(_ _)m
 
 
いやはや、本当に楽しかったです!!

今回、札幌では、birdさん達との共演があったり、
東京では、furnishの吉川さんによるプレゼンや、コールアンドレスポンス的なネタもあったり、

両公演でそれぞれの盛りだくさんな内容となりまして、
とても楽しんで頂ける内容だったのではないかと思っております。
 
今回のイベントを通して、また様々な素晴しい人達と出会ったり、繋がったりで、
とても充実した時間をおくらせて頂き、様々な人と時間に感謝です。
特に加賀城さんのお二人には本当に感謝ですね。
 
次回のスケルツォ、またあるかと思いますので、
是非見に来て下さいです!!!




required



required - won't be displayed


Your Comment:

いよいよ、11/3日にスケルツォ公演が近づいてきました~!
 
最終リハを終えて、後は本番を待つばかりです。
 
 
いやはや、超楽しみっす!
 
 
スケルツォは本番も楽しいのですが、リハが超楽しいのです。
 
  
何故ならば、リハでは笑うことが許可されているから(笑)
 
 
 
本番では笑ってはいけないので、本番でガマンできるよう、リハで思う存分笑うこと、というルールが
あるのです。
 
 
 
 
スケルツォに参加していて、いつも、アーティスティック、クリエイティブだなーと感じるのですが、
 
 
その源、根源は、スケルツォの首脳陣全員が、普段、映像作家、陶芸家、デザイナー、写真家、音楽といった、
アートに携わる作家さん、アート集団だからなのです。
 
 
だから、スケルツォのリハ現場でも、常に、アーティスティックな空気というか、会話があって、
クリエイティブな現場がそこにあるんですが、
  
 
その空気自体が面白い、楽しいワケなのです。
 
 
 
 
 
スケルツォのパフォーマンスを人に説明することは非常に難しいのですが、
何故ならばそれが新しいからだと思うんですね。
 
 
もちろん、どんなことが行われて、どんな内容かとか、形式的には説明できると思いますが、
多分、それがなんで面白いの?の部分が伝わりにくいというか、ですね。
 
 
 
演奏についても、映像やナレーションがあって、それに付けるBGM、という意味ではなくて、
より独立した必然的な存在で、良い演奏で気合入れて頑張れば頑張るほど、作品の意図をアピールできる、
 
 
 
つまり、音や映像、パフォーマンス自体が、作品の本体ではなくて、
音、映像、パフォーマンスと、お客様との間にある距離、空間が、作品の本体なワケです。
 
 
 
まぁ、いわゆるモダンアートというか、インスタレーション的というヤツですかね。
 
 
 
とにかく、超面白いので11/3札幌公演、11/13東京公演、是非見に来て下さい!!!
 
まだまだ予約受付中でっす!!!!! 
 
 
 
 
■11/3 bird+スケルツォ特別札幌公演「1%インスピレーション」 
cube garden/札幌市中央区北2条東3丁目2-5 tel. 011-210-9500
1回目 開場 15:30 開演 16:00 2回目 開場 19:30 開演 20:00
前売 ¥3,800 当日 ¥4,300(税込) 1ドリンク別途 ¥500/各回指定/全席自由/整理番号付
 
 
■11/13 スケルツォ東京公演「1%インスピレーション」
SuperDeluxe/東京都港区西麻布3-1-5 tel. 03-5412-0515
開場 18:00 開演 19:00
前売 ¥3,000 当日 ¥3,500(税込) 1ドリンク付/全席自由
 
 
 
↓ナレーションチーム

 
  
↓僕的には、大ヒットど真ん中のルディーさん!

Previous Entry

いやはや、12月もどどーーっと大変な毎日でした。
 
師走って言葉の通りな感じではありますが、毎年この時期はドタバタっす。
 
 
ところで、師走という言葉の由来は、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさ、ってことだそうです。
 
ってことは危うく、お盆の季節が師走になるところだったよ!とか言われていたのかもしれません。
 
この場合、お坊さんが主人公なわけですが、当の本人が、この言葉を使う際は、要注意なわけです。
 
 
お坊さんが、ある会話の中で、

「12月は忙しいって言いますよね、まぁ師走って言われてるぐらいですから、ハハハ」

的なことを言うシチュエーションの場合、そのお坊さんがたまたま暇な日だったりすると、
ちょっとアレな雰囲気が漂って面白い可能性がありますね。
 
 
さて。そんなワケで、12月もたくさんライブやらRECやら制作作業やらだったのですが、
 
まずは先日、ご一緒させて頂いた、12/17、23のメロウデュさんのライブ、超楽しかったです!!!!
改めて歌ものは楽しいなーと思った次第でした。

23日ライブでは、ヴォーカルの谷藤先生とメロウデュ、私でセッションさせて頂く場面が
ありまして、それはそれは超楽しかったですね。
谷藤先生、歌うまーー!。そしてお話も面白くて、ガンダム好き!
いやはや、メンバーのカオリさん、ヤギさん、アキラさんに続いて、本当に素敵な出会いの機会を
頂いたと思っております!!本当に感謝しております。

まだ聴いたことが無い方は是非、CDやライブで彼らの音を聴いて下さいです!!!!!
カオリさんの歌、楽曲、演奏、非常に素晴しいです~!

・メロウデュオフィシャルサイト
・メロウデュかおりのブログ
・谷藤勝彦ブログ
 
 
 
 
 
 
ところで、僕が参加させて頂いているライブとかで、ジャズのインストものとかたくさん
演奏していたりするのですが、
 
なんで、歌物も大好きかって言うとですね、
 
単に歌が好きってのもあるんですけども、
 
歌物ってやっていて楽しいなと思う部分で、そこにクリエイティブな要素が深くからむからなんですよね、

 
歌ものの場合、(もちろん例外もあるけど一般的には)、サウンドの構造が歌を頂点に
ピラミッドの構造になりまして、バッキングを行う立場では、どう会話するかも重要ではあるんだけども、
まず、いかにサウンドさせるか、音を作るかの方に集中するワケです。
 
 
すなわち、センスがより重要とされるワケっす。
 
 
要は、演奏技術とか、どうだすごいだろうの技的な部分より、むしろどう音を入れるか引くか
の部分が大事だったりするワケで、まさしくクリエイティヴそのものの部分なのですな。
 
僕が音楽をやる上で必ず重要にしていることは、クリエイティブの要素なんで、
逆にすると、クリエイティブな要素が入っている音楽だったら、どんな音楽も大好き、という
ことになるワケっすね。
 
 
なので、これからも歌ものや、クリエイティブなこと色々やってゆきたいなーと思っておりまして、
ジャズやインスト、セッションだとしても、クリエイティブな部分を優先したいなーという感じですね。
 
 
とりまえず、1/27に僕リーダーのkengo.ThreadFlowのライブがありますので、
ぜし見に来て下さいっす(^-^)/

Next Entry