LogicNote
ONO Kengo's Web Site

kengo.ThreadOrchestra

      in Schedule [ 2017/07/08 ]
@ LIVE&BAR D-Bop
札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F
Open 19:30 Start 20:00 / LC:予約¥2,000(要Order)¥当日2,500(要Order)

プログラミングを駆使した僕のプロジェクト、リーダーライブです!
毎回進化して面白いライブですので、
是非是非、見に来て下さい~!!

[Member]
小野健悟(sax,laptop pc) 本山禎朗(key)
花田進太郎(gt) 大久保太郎(bs) 川合草平(dr)




required



required - won't be displayed


Your Comment:

[ 2017/07/08 ]
@ LIVE&BAR D-Bop
札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F
Open 19:30 Start 20:00 / LC:予約¥2,000(要Order)¥当日2,500(要Order)

赤レンガテラスのオシャレなお店、ブルックリンパーラでライブです!

[Member]
小野健悟(sax) 吉澤早紀(pf) 青木務(bs)

Previous Entry

[ 2017/07/08 ]
@ LIVE&BAR D-Bop
札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F
Open 19:30 Start 20:00 / LC:予約¥2,000(要Order)¥当日2,500(要Order)

今年も札幌ジャズアンビシャスでシティージャズに出演します!

今回はTOKUさんと共演です!

 

 

チケット料金1階A席:6,000円
1階B席:5,000円
1階立見席:3,500円
2階A席:7,000円
2階B席:6,000円開場/開演SAPPORO MUSIC TENT LIVE
開場/18:00 開演/19:30Member札幌ジャズアンビシャス

奥野義典(As)、蛇池雅人(As)
小野健悟(Ts)、伊藤元直(Ts)
菅原良太(Bs)、菅原昇司(Tb)
河合修吾(Tb)、早川隆人(Tb)
板橋夏美(BTb)、阿部裕一(Tp)
中嶋和哉(Tp)、中島翔(Tp)
新谷奈津光(Tp)、花田進太郎(Gt)
柳真也(B)、舘山健二(Ds)
瀧村正樹(Per)

 

David Matthews (デビッド・マシューズ、作曲・編曲・指揮・ピアノ)

1942年、アメリカ・ケンタッキー州生まれ。
1975年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、1976年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。また同76年、George Bensonのアルバム”Good King Bad”にて作曲した曲のうち、”Theme from Good King Bad”が、グラミー賞の”Best Rhythm & Blues Instrumental Performance”を受賞。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。
日本においては、1984年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、1989年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。
2014年から「札幌ジャズアンビシャス」の音楽監督を務める。

札幌ジャズアンビシャス

サッポロ・シティ・ジャズ「ビッグバンドプロジェクト」により2012年に結成。札幌を拠点に活動するプロミュージシャンによるフル編成ビッグバンド。
音楽監督にデビッド・マシューズを迎えてからは、サッポロミュージックテントライブで2014年に八代亜紀、2016年に相田翔子と共演。
また、他のアート分野との融合による新たな作品創造として、2015年に映像表現を組み合わせて構成した「The Jazz Cube」、2016年に楽曲創作に絵画と彫刻を取り入れステージを創造した「FOREST of NEW ARTS」、2017年にはダンサー97名と共演するなど、様々なステージを展開している。

TOKU

日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー
父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。
2000年1月アルバム“Everythig She Said”でソニー・ミュージックよりデビュー。
デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、積極的に海外での公演も行っている。 また、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、m-flo,平井堅、Skoop On Somebody,今井美樹、大黒摩季、などのアルバムに作家、プレイヤーとして参加。2008年に発売したアルバム「Love Again」は初のDuet SongをExileのATSUSHI氏を迎えて収録。また、2011年3月の東日本大震災の直後に行われた、シンディー・ローパーの国内ツアーにも参加し、話題となる。そして2011年4月27日、本人がずっと温めていた企画「TOKU sings & plays STEVIE WONDER〜A JAZZ […]

Next Entry